E-mail
当サイトは秋田県立秋田工業高等学校同窓会が、管理・運営しています。

〜ご挨拶〜

同窓会長 工藤嘉範(昭和51年土木科卒)

金砂会員の皆様におかれましては、益々ご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。また、日頃より同窓会の運営・活動ならびに、母校に対するご協力とご支援に心より御礼申し上げます。

 さて、平成30年3月まで続く母校の校舎改築事業は、公立高校としては全国でも希なる規模の人工芝ラグビー場・体育館・武道場が完成、実習棟のスーパーリニューアルも一部完成し、現在は教室等の着工など着実に進行しています。こうした環境の中、後輩諸君はものづくり産業の担い手として、文武両道に研鑽を積んでいるところです。

 一方同窓生は、リオデジャネイロオリンピックに、佐々木悟選手が母校2人目、48年ぶりに五輪の華である男子マラソンに出場。地元秋田では、来季からプロバスケットBリーグに参入するハピネッツの高橋憲一選手の活躍など、母校関係者や県民を元気させてくれています。

 どうか、金砂会員が集う本年度の定例総会に多くの同窓生がご参集下さることを期待すると共に、金砂会に対しこれまで同様のご協力をお願い申し上げます。


(2016-05)
 このページのトップへ