E-mail
当サイトは秋田県立秋田工業高等学校同窓会が、管理・運営しています。
名簿

〜平成27年 新年のあいさつ〜

   秋田県立秋田工業高等学校同窓会
    
会 長 工 藤 嘉 範  (土木科S51卒)


新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。昨年を振り返りながら、皆様には心より篤く御礼を申し上げます。

【1】創立110周年記念事業     

 詳細は、HPに掲載させて頂いております。どうぞそちらの方へクリックしてお進みください。
 皆様のご協力で素晴らしい式典、祝賀会となりました。心より感謝申し上げます。

   110周年式典  ←リンクページをご覧ください

【2】県内、県外の各支部総会への参加

  −−− 県 外 −−−
   関西支部(大阪市)   6月15日
   北海道支部(札幌市)  6月27日 (嵯峨副会長出席)
   東京秋工会(市ヶ谷) 11月 8日
   静岡支部(富士宮市) 11月 9日 

     ←「各支部の活動」では、各支部総会等の写真を掲載しています
              リンクページをご覧ください

  −−− 県内金砂会 −−−
   金砂クラブ4部会        6月 9日
   東北機械支部      6月20日
   男鹿支部        6月28日 (嵯峨副会長出席)
   土木科同窓会      7月12日
   秋田市南部支部    11月22日
   ポプラ会       11月23日
   大仙仙北支部     11月28日
   秋田市役所金砂会   12月 1日

 県内外の支部総会および各種行事予定を副会長の協力を得ながら一年間こなしてきました。大変忙しい同窓会であることを痛感しました。

 特に県外の支部総会に出席し感動するのは、故郷秋田を遠く離れ、親、家族を思い、母校の名誉と自らのプライドを心に秘め、威張ることなくおごることなく、仕事に打ち込み生き抜いてこられ、家族、仕事、地域、自分の居場所を自ら確立された金砂健児一人一人の生きざまです。

 「学びて、足らざるを知る」同窓生の人生からそんなことを感じさせて頂いた一年でした。これまでの歴代同窓会長と同じポジションに立たせて頂き、同じ思いを巡らせています。これまで経験の無い、大きな責任を感じつつ、同窓会長としてその責務を全うされた諸先輩にあらためて心から尊敬の念を抱いています。


【3】同窓生からのご芳志拝受     
  (1)MA31年3月卒業生より
  (2)土木科 昭和37年3月卒業の地主勝己さんより


   ←写真と報告文は、こちらからリンクページをご覧ください


【4】全国高校駅伝、4位入賞 (12月21日)

 まずは出場に当たり、各界各層、PTAや同窓など大勢の方々からご寄附を賜りました。
 心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
  
    ←写真と報告文は、こちらからリンクページをご覧ください


【5】太田光重前同窓会長のご逝去

 かねてから病気療養中でおられました、太田前会長(機械科S31年)が平成26年12月17日永眠されました。

 第十代、太田前会長が母校同窓会に傾注された志は実に純粋で篤く、会長を務めて頂いた平成17年から今年6月までの9年間は、同窓3万余名のトップリーダーとして常に母校と同窓会の繁栄だけを心に刻み率先垂範賜りました。

   ←思い出の写真と工藤会長からの挨拶は、こちらからリンクページをご覧ください

 以上、かいつまんで昨年の主なる出来事を振り返りましたが、本年も同窓会に対しまして絶大なるご支援、ご協力をお願い申し上げます。


(2015-01)
 このページのトップへ